毎年この時期は、胸が高鳴りますね。

でも、あっという間に終わってしまいます。

その儚さが、桜の魅力なんでしょうね。